ANAアップグレードポイントの使い道を考える

アップグレードポイントの使い道を考える

 

2016年はブロンズになりアップグレードポイントを6ポイントいただきました。

しかし、たった6ポイントで何ができるんでしょうか。

 

そのアップグレードポインの使い道について調べてみました。

 

アップグレードポイント(UGP)とは?

 

1月~12月のANAグループ運航便のご利用で獲得したプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーに付与されるなポイント

有効期限:各年度内、4月1日~翌年3月31日(日本時間) ご搭乗・ご利用分まで

対象者:本人か二親等以内の特典利用登録者

 

 

主に3つの使い道。

 

  • ラウンジで使う

国内線、国際線のラウンジに入室できる。

しかしANAプラチナもしくはスタアラゴールドであれば入室できるのであまりメリットはない。

ANAプラチナもしくはスタアラゴールドは同伴者一名も無料のため、同伴者2人目(本人合わせ合計三人目)の利用にUGP使用可能だが、割愛する。

 

一応ブロンズの際の使用ポイントを記載しておく。

(マイルはスカイコインに変換できる最大変換率1.7倍で計算)

国内線:1000マイル(1700スカイコイン・円)もしくは2UGP つまり850円/UGP

国際線:4000マイル(6800スカイコイン・円)もしくは3UGP つまり約2267円/UGP

 

国際線で4000マイルて、必要マイル数高すぎる!

これによってUGPの単価が高いように見えているが、もともとの設定がおかしい。

なおブロンズ前提で、ANAスイートラウンジではなく、ANAラウンジですのでご注意を。

 

  • 座席のアップグレード

国内線:普通席→プレミアムクラス 4UGP

※どの路線にかかわらず

 

長距離路線に使用するのがお得ですね。

通常、普通席からプレミアムクラスのアップグレードが9000円ですので、アップグレードポイントの単価は

9000円/4UGP=2250円/UGPとなります。

 

国際線:エコノミー→ビジネスクラス 6~10UGP

ビジネス→ファースト 16 or 20UGP

 

こちらは一概に単価を計算できませんが、一般的にはビジネスの値段はエコノミーの3倍から5倍はしますから、単価としては数万円/UGP行くと思われます。

さらにビジネスからファーストへのアップグレードだと、かなりの高単価となるのではないでしょうか。

 

ただしアップグレードのしやすさは未知数ですし、また対象運賃に制限があります。

一例として、エコノミーからのアップグレードで日本地区旅程だと以下の予約クラスのみ。

G/E/Y/B/M/U クラス

 

私が良く予約する格安運賃であるSやU(マイル積算率50%)がないので、もともとそんなに高い航空券を買うつもりもないので、ここでの使用は現実的ではない。さらにプレミアムエコノミーはエコノミーと同じカテゴリーなので、エコノミー→プレミアムエコノミーへのアップグレードはなく、プレミアムエコノミーからビジネスでもエコノミーからアップグレードするのと同じである。なんか損な気分んだが、旅作プレエコでとったチケットをビジネスにアップグレードする時くらいかな、役に立つのは。

 

ちなみにダイヤモンドメンバー限定で、2倍のUGPを払えば、対象運賃でないチケットでもアップグレードしてくれる特典もあります。

またユナイテッド航空でも使用可能です。

 

  • スカイコインへ

一番シンプルで分かりやすい方法です。

1UPG=1000スカイコイン(1000円分)と交換できます。つまり、1000円/UGP

 

 

結論:私なりの使い道

 

6UGPでは何もできない。

使うとしても、国内線アッグレードで4ポイント、残りはスカイコインへ。

もしくはすべてスカイコインへするかな。

 

2017年はSFC修行の年なので、ANAで40000PP以上を目指して来年こそは20UGP取得を目指すべきである。