【週末旅行】八丈島のしいたけが異常に美味しかった

この週末3連休に、伊豆諸島は八丈島に行ってきました!

 

羽田からすぐですし、温泉や自然が溢れていて、週末のリフレッシュにはちょうど良かったです。

ちょっと天候が悪かったですが((+_+))

 

週末で行ける八丈をさらっとご紹介します。

シイタケがとても美味しいです。

 

羽田空港から一日3便ANAが運行しています

大好きな我らがANAが運行しています。

 

土曜日の一便から、日曜の最終便で帰れば週末をめいいっぱい楽しむことが出来ます!

※スカイスキャナーの価格は若干エラーというか、国際線チケットとして販売している代理店のものです。

僕もこれで買いましたが、おそらくそのうちに無くなるかと。

 

ちょっと注意した方がいいのは、雨の時期は霧が多くなりよく欠航するとのことです。

理由は空港の立地。

 

八丈島の空港は、八丈富士と三原山の間の平地に作られており、山に囲まれているのです。

↓こちらが八丈富士側から撮った写真。この空港の立地って、結構レアな気がする。

 

なので雨の多い時期は、山に霧がかかり空港周辺も視界不良になるとのこと。

島の人は、飛行機が到着したのを見てから、空港へ向かうという程。

島はそんなに大きくないですからね。

 

なんと僕が搭乗した時も天候確認が入りました!

最終便で15:50発だったのですが、15時の天候調査で決めると。

 

ラウンジで待ちます。こちらのブログを書いておりました。

八丈島に着いたらレンタカーなので、飲むのは我慢。

 

条件付きで飛ぶそうです。

八丈空港が視界不良だったら羽田に引き返すと。

 

お!

隣席いない。ラッキー

 

八丈島行きは置き留めですが、こういうボーディングブリッジから搭乗です。

 

機体はB737。USB充電がついており、結構新しい。

 

上空は綺麗。

 

到着シーンはこちら。

 

八丈富士 お鉢巡りをしたかったけど

八丈島にある二つの島。

 

西山と三原山。

西山の方は通称八丈富士と呼ばれ、その頂上はお鉢状になっていて、火口の周りを一周をぐるっと回ることができる。

お鉢巡りといいます。

 

山の7合目までは車や自転車で行くことが可能。

7合目から頂上まで1時間くらい。

お鉢巡りで一時間くらい。

頂上から7合目までも1時間くらい。

と、大体約3時間で楽しむことが可能。

 

なんと!

このお鉢が、『君の名は』のモチーフにされたのでは!?と言われているらしい。

 

これは行きたかった。

お鉢巡りしたかった。

 

というのも、

天候悪く、ずぶ濡れ。

 

気軽な週末旅行で来たので、さすがに雨の中登山する服装をもっておらず…

チャレンジはしたけど、15分で雨が強くなってきたので引き返した。

 

ちなみに現地はこのような感じ。

 

登山者数は292だけど、いつからの集計だろう?

月一で、この1月かな。

 

ごめん!

登り切っていないけど、先に押しちゃってた。

 

頂上まではこのように階段になっている。

登りやすいけど、結構な調子で1時間登るようなので結構きつい。

 

写真写りはいいけど、遠くの景色が見えていないので天候悪いのわかるかな。

 

ということでずぶ濡れで帰りました。

 

ふれあい牧場

そういえば八丈富士の登山入り口手前にあるふれあい牧場によった。

 

なかなか雄大で良さげ。

天気のいい時や、夏に来るといいかも!

 

空港の写真はふれあい牧場からでした!

景色がとてもいいです。

 

ただ何があるって、牧場があって牛さんがいるだけでした。

GoProで撮るとこんな感じ。こっちの方が天候がリアル。補正無し!

 

お鉢巡りに関しては、やじり鳥さんのブログを読んで行きたくなったのでこちらを参照ください。

 

八丈島 温泉めぐり

火山が二つもある島なので、温泉も豊富。

八丈島には7つの温泉があり、そのうち4つが有料、3つが無料です。

 

4つの有料の温泉は、一回の入浴で300円もしくは500円。

以下のように一日周遊券と、バス乗り放題の付いた二日入り放題のBU・S・PAがある。

 

僕は一日周遊券の入湯証を購入。600円なり。

300円、300円、500円、500円の計1600円分となるのでお得。

 

が、一つは前日に入っていたので、入湯証では3つの1300円分を使用。

まぁお得には変わりない。

 

今回はレンタカーで回ったので移動は楽だった。

BU・S・PAはバスの運転手から買うか、町営バス受付と書いてあるが、どこで購入できるか不明だった。

 

温泉の話は別記事で詳しく書くとする。

 

性懲りもなく、硫黄沼・唐滝へ

天候は悪いけど、やっぱり観光したい。

八丈富士でずぶ濡れになった後は温泉であったまり、お弁当でも。

お弁当っていいよね。ピクニック感。

 

デザートも。寒いけど甘いのが食べたくなる。

ソフトクリームのパッションフルーツソースかけ。ホットコーヒーと共に。

 

場所はここです。

カフェみたいだけど、お店の人は”休憩所”と呼んでいました。

なんかいい、その呼び方。

 

むかしのとみじろう

 

雨がやんできたので次の観光スポットへ。

むかしのとみじろうのところを曲がってすぐ。

 

硫黄沼と唐滝というのがある。

一時間くらいで見ることができる。

天候が悪かったからか、硫黄沼はそんなにだったけど、唐滝は良かった。

 

ちょいと手前に駐車場があるので車の人はここに置いていきましょう。

 

しばし上り坂を行くと

 

 

こちらが硫黄沼。

噂だと黄緑色?に見えるとのこと。

天候悪く、普通に茶色だった。

 

硫黄沼の周辺を動画でどうぞ。

 

ここからさらに登っていく。

 

結構登る。

 

唐滝周辺はかなり上りづらい。

けど冒険感があって、かなり楽しい。

雰囲気は動画にて。

 

 

こちらが唐滝。

天候が悪いこともあり、滝自体はまぁ、、、滝。

晴れていたらよく虹がかかっているという。

 

そして帰りはまた雨に降られてずぶ濡れ。

また別の温泉に入り温まった。

 

名物女将に、泊った宿が非常に良かった。

値段と口コミで選んだ民宿が非常に良かった。

民宿がというよりも、女将と客層の雰囲気がよかった。

 

ガーデン荘という民宿。

坂上と呼ばれる温泉が多くあるエリアにある。

空港とは逆で周りにはあまり何もない。

一応19時閉店のミニマートが一件と居酒屋が一件。

 

ガーデン荘(ホテル検索・予約)


このように囲炉裏があって趣がある。

 

食事も豪華でボリューム満点。

島の物を使ってくれている。こちら夕食1500円。

 

御年80の名物女将が出迎えてくれる。豪快なお酒の飲みっぷりの元気な女将。

また会いたい。

 

こちらは向かいの居酒屋むらたの写真。

地元感がよかった。焼酎ロックがなみなみ。

 

以上、短い二泊でなおかつ天候が悪かったけど、非常に楽しめました。

八丈島は再度リベンジします!