クロアチア航空OU664 ザグレブ→ドブロブニク(国内線)搭乗レビュー

航空会社:クロアチア航空

便名:OU664

機体:A319

 

ヨーロッパのスターアライアンスを制覇する旅。

クロアチア航空もスタアラの一員ですが、今回の旅で唯一の国内線。

旅程上これしかなったんです。お許しを。

 

今回の旅の全貌はこちら。

 

クロアチア航空とは

いつもの通りWikipediaさんでお勉強。

 

クロアチアのフラッグ・キャリアで同国の国営航空

クロアチア航空は1989年7月20日に設立された。設立当初はザグレブ航空という名称で、貨物航空会社としてスタート。

1990年7月23日に、現在のクロアチア航空という名称に改名し、翌年の1991年に旅客輸送の航空会社としてマクドネル・ダグラスMD-82で運航を開始した。旅客輸送の運航を開始してまもなくの1992年にユーゴスラビア紛争が始まったため会社は危機に陥ったが、紛争が終わり運航が開始するとすぐに、ボーイング737を導入し、IATA(国際航空運送協会)に加盟した。また、同年から国際路線の運航も開始した。

 

現在はB737を保有しておらず、エアバスA320 3機、エアバスA319 4機、ボンバルディアDHC-8-400 6機での運航のようです。

それでは乗ってみましょう。

 

OU664搭乗、ザグレブ~ドブログニク

 

空港に来たはいいものの、国内線なんで2時間まえじゃなくていいんですよね。

早くついて国内線の待合室はないもないとのことで、外のカフェで一息。

国内線側はラウンジもないみたい。

 

さてチェックインして中に入ります。

 

ANAプラチナ(スタアラゴールド)のおかげでゴールドトラックを通ります。

って全然混んでいないんですけどね。

 

デザインがおしゃれですね。

 

スターアライアンス塗装!

 

夜便で寝ていたらあっとゆーまに到着。

 

バスで市街地へ向かいます。

おそらく飛行機が最終便だったので、それに合わせてバスが待っています。

 

シャトルバスは40kn(クロアチア・クーネ)で約700円。

クロアチアはユーロを導入していません。

 

旧市街地に到着~

リュブリャナから長旅だった!

 

宿にチェックインして、少しだけ夜の散策をしようと思っていたら

このホステルのオーナーもゲストも陽気で、チェックインもままならないまま

 

ウォッカ?をイッキ飲みさせられました~

 

楽し!

現地オーナーや様々な国のゲストとの交流も、旅の醍醐味ですね。

 

明日からドブログニク観光をしたいと思います。