【宿泊記】シェラトン プラハ Sheraton Prague Charles Square Hotel

少しここで観光の話は置いておいて、ホテルレビューです。

 

一泊目は普通のホステルでしたが、二泊目にプラハのシェラトンに泊まってきました。

一泊目の宿泊を含む旅行記はこちら。

 

それでは見ていきたいと思います。

 

ロケーション

 

場所はこちらです。

一日前と打って変わって、川の内側です。

 

シェラトン プラハ

Sheraton Prague Charles Square Hotel

 

こちら側はそれほど坂道でもありません。

川の西側はプラハ城があって坂がきつく

東側は市街地で比較的平坦です。

 

どへでもアクセスしやすいと思います。

 

ホテル外観、チェックイン、ロビー

こんな感じ。

通り沿いにあり、年季のある建物になっています。

 

 

チェックインは14時ごろ、アーリーチェックインしまいた。

スムーズに対応して頂けました。

 

ロビーはそこまで広くはなく、開放的という感じはありません。

 

エレベーターの中、アスパラの宣伝。

欧米ってアスパラ好きじゃないですか?

駐在中もこの季節になると、アスパラフェアとかやってたな。

 

にしてもコース全てアスパラってすごいな。

アスパラガスパンナコッタとか。

アスパラガスのデザート、食べてみたい。

 

お部屋のある5階に着きました。

 

部屋の内観

 

 

こんな感じ。

アップグレードされたか不明。

いつも言われないとよくわからない。

 

ジュニアスウィート?っぽいお部屋。

イージーと書いてあるのに、作り方少しだけ難しかったよ。

 

ベッド。

 

今回から新兵器を導入したので、そちらで撮影。(単に借りただけ)

完全にホテルレビュー用である。

 

Wow…

上記はiPhone7plusで撮った写真だが、雲泥の差。

素晴らしき広角&魚眼。。。

 

中庭が見える。(中庭しか見えない。)

 

ベッドルームから水回りへ行く途中に、PCデスクがある。

ここに海外用のプラグ変換器を忘れた模様。

 

旅の二日目にして重要アイテムを忘れ、その後が大変であった。

 

バスルームも広々。

 

反対側にはシャワーブースもあります。

 

ラウンジ

 

今回は夕方・夜と、翌日の昼に利用した。

ロビーから専用階段を使ってアクセス。

そんなに広くなく、ちょっとしょぼい感じ。

 

こちらが到着日の夕方。

スナックとお酒はいつでもあるっぽい。

 

チェコのビールはだいたいなんでも美味しいのでハイネケンなんて絶対選ばないよーに!

 

こちらが到着日の夜。

やはり夜になると泡系のお酒もできて充実する。

 

こちらが翌日の昼。

チェックアウト前に利用した。

小さなサンドイッチがあり、軽めのランチにちょうどいい。

 

朝食はラウンジと会場の二か所で

 

二か所と行っても、ラウンジから降りたところが通常の朝食会場。

どちらでもいいと言われた。

いつもは面倒なので比較せず、空いているであろうラウンジで取ることにしているが

今回は通り際だったので、どちらも試してみた。

 

まずはラウンジへ。

 

 

まぁラウンジでも必要最低限はそろっているんはないでしょうか。

こんな感じで頂きました。

 

そして気になるホームメイドヨーグルト。

 

じゃじゃん!

濃厚そうな見た目。

中にはオートミール見たなものが。

 

味は、、、

 

濃厚ヨーグルト!

 

でもプレーンだ。

 

ということではちみつを。

実はこれ、僕が日本で食べている朝食と同じでびっくりした。

 

いつも朝食に、水無ヨーグルトをフルーツグラノーラにかけて、はちみつを垂らして食べています。

 

 

続いて一階の朝食会場へ。

結構人がいますね。ちうごくの団体さんのようです。

 

種類豊富に見えるけど、あまり変わらないな。

フルーツはこちらのほうが充実。

 

ヨーグルトも大量。

 

 

というわけで、ラウンジになかったものだけ頂く。

満足。

 

感想

 

全体的に満足でした。

 

ラウンジは見た目は少ししょぼいけど、内容としては必要十分。

欲を言えば、夜の時間に少しでもホットミールがほしい。

 

でもラウンジ利用者をほとんど見なかったので需要ないのだろうね。