Airbnb始めます。五畳の部屋にて

 

というか始めました。おおよそ一か月前に。

安倍首相の試みは成功を収めているようで、東京オリンピックに向けて、ますます訪日外国人の数は増える予測です。

安倍さんの目標は年間4000万人。

 

外国の観光客はざっとみるとこれくらい

国、観光客数(その国の全国民数、%=観光客/国民)

 

 

これって結構すごい数字なんですよね。

確か2016年は2000万人くらい。

 

これでも結構な数来ていて、すでに東京や大阪の都市部ではホテルが足らなくなったりしているみたいですね。

そこでホテルの代わりとなるものは、船での旅もありますが、いわゆる民泊というものがあります。

 

民泊とは?Airbnbとは?

簡単に言うと、自宅の空き部屋に他人を泊めてその代金を頂こう!というお話です。

そのパイオニアでもあり、一番有名なのがAirbnbです。

 

僕の家の場合、リビング横の5畳の部屋が空いているので貸し出すことにしました。

5畳というとそこまで広くはないですが、別にクローゼットもあるので、大人二人くらいは泊まることが可能です。

リビング・キッチン・バス・トイレはホスト(僕)と共用になります。

 

ちなみに日本のビジネスホテルはシングルで約15m2ほど。これにユニットバスや冷蔵庫も含んでいるためかなり狭いです。

私が貸し出している部屋だと、ゲストルーム(寝室、5畳)約8.5m2+クローゼット、13畳のリビングに大きめのキッチンやバスがあります。

 

ホストである僕と共用でもOKな方がいれば、値段設定によってはある一定の需要はあるのではないかと考えました。

 

初期費用は?

買ったり準備したもの・事を列挙していきます。

 

ふとんセット×2 5000×2=10000円

ふとんカバー(洗い替え用)×1 1500円

小さい棚(IKEA)×1 1500円

小さいヒーター ×1 6000円

合計 19000円

 

えっ

少な!笑

こんなもんで始められます。

しかし今後は大型投資が控えております。

 

それは、エアコン。

家を買ったはいいんですが、ホスト(僕)が使っているメインのベッドルームにしかエアコンがなくて、リビングとゲストルームにはないんです。

これがこれが大問題。

 

ゲストルーム(5畳)用のエアコンは、予想通りで3.5~4万円ほど。

リビング(13畳)要はなんと、5~6万円ほどします。

 

さらに一台につき1.2~1.5万円の取り付け費用が掛かります。

しめて二台合計、約12万円ほど!

 

これは厳しい。。。

でもGW後、5月中には導入しようと思います。

 

実際に始めてどうなの?

Airbnbのリスティング(貸し出す部屋を載せる事)の登録は結構簡単でした。

びっくりすることに登録した翌々日の予約が早速入ってしまいました。

 

今すぐ予約と言って、ゲストの条件が整えば、こちら(ホスト)が承認しなくても予約を入れられる制度があって、さっそく予約が入ってしまいました。

 

でも一か月やってみて、 なんだかんだで問題はありません。

たまにあれ??って人はいます。

 

例えば、

勝手にバスタオル使う人とか

 

夜中の0時にチェックインする人とか(別にチェックインの制限時間は設けていないけど)

 

一人で予約して、当日の夜に、もう一人友達泊っていいですか?って人とか。

(その時点でその友人の人の宿がないだとうろ考え、古い友人であることを確認してOKしました。一夜限りのやつだとお断りしていました)

 

思いのほかめっちゃ料理する人とか

 

そんなことはありましたが、楽しい面もあるし、自分の生活にハリが出来たように思います。

 

なお今はまだ初めて一か月なので、実績を作っていい評価を頂かないといけないので、格安の一人2500円(週末は4000円)にて貸し出しています。

今後はいろんなゲストとの交流や、Airbnb関連の工夫なども報告していきたいと思います。